ぎっくり腰になるメカニズム

5年前、物置にあった荷物を取ろうとしたら、腰が

「ピキッ」

として、腰に激痛が走りそのままその場から動けなくなってしまいました。。。

そうです。ぎっくり腰になってしまったのです。

 

ぎっくり腰ってそもそも何?

 

「ぎっくり腰」って言葉ってよく聞きますよね。でも、実はぎっくり腰っていうのは通称で、正式名称は「急性腰痛」っていうらしいです。

ぎっくり腰になる原因として

  • 運動
  • 食生活
  • 睡眠
  • ストレス

の4つが影響しているそうです。

 

運動

ぎっくり腰って運動不足だけではなくて、運動のしすぎも原因になるそうです。

ぎっくり腰の原因のひとつに、腰への負担があります。

運動不足だと腰周りの筋肉が落ちてきて腰に負担がかかります。

反対に運動しすぎの場合、たとえば健康のためマラソンをする人も少なくないかと思いますが、10kmとか走った後って腰痛くないですか?長時間走ることって実は腰にかなりのダメージが蓄積されるんです。

マラソンした後はしっかりとストレッチとかマッサージしていますか?そうでないといずれぎっくり腰を発症してしまうかもしれません。

 

食生活

ぎっくり腰って食生活にも関連しているんです。胃腸や肝臓が疲れているとそこをかばうような体勢をとってしまい、そのまま体のバランスを崩してしまいます。とくに上半身と下半身のつなぎ目である腰にその負荷がかかってしまい、ぎっくり腰の原因となってしまうのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です